ゾウガメのアブーはワープしていた?!


甲羅はピカピカお腹を空かせている様子もない 

宮本園長は取材に対し、
「メディアの方々には大きな声で言えないことがあるんですよ」
とし、小声でこんなことを話してくれた。

アブーが発見された場所は飼育員がこれまで2度探しに行っていてフンや食べかすなど痕跡は一切なかった。しかもあの場所、本来は調べる必要がないという。それは側溝があるためカメはあちら側には行けない、というのだ。 
不明ゾウガメ「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」 : J-CASTニュース

2017年8月

このような出来事があった。

世間の下衆な勘ぐりだと、さもこの善意ある親子が予め亀を連れ去り、懸賞金が発生した時点で現場に連れてきて発見したかのように装った的な流れに持っていこうとしているが、大切な事を見落としていないだろうか?


この亀は失踪時から発見される時までワープしたのではないか?

何日も行方不明になって這いずり回ったのに甲羅はピカピカ。
お腹も減っていない。

まさに現代版浦島太郎の亀じゃないか!

今後も注目するといい、おそらく脱走の手段も時空を超えるので門や鍵のしまった小屋など全く無意味だろう。

(Visited 1 times, 1 visits today)